*

値上がりした中古マンションを売却するには


(人気記事)→ 私が利用してきた体験上で高値が出やすいサービスがありました
 
値上がりをした中古マンションを売るには即断即決が鉄則です

モタモタしてるとすぐに値下がりをして旨みが無くなるばかりか、下手をすると予想外の大暴落をして一生後悔する事もありえます。

 

もし、ほんの少しでも値上がりしているなら売却手続きをすぐにでも始めることをオススメします。

 

実は私、不動産投資をしていて分譲マンションを複数の県で所有しています。

まだ7年ほどですが賃貸経験や売却経験の関係で今では全国に不動産投資仲間も大勢います。

(だからいろんな裏情報や都会から地方までの情報が耳に入ります。)

 

恐らく、そのあたりの不動産屋の営業マンよりも詳しいと思っています。

(通常、不動産屋は自分の営業エリアが限られていますが、不動産投資家は一人で複数県にまたがり運営したり、日本中に仲間がいるため情報の早さと質が違うんです。)

 

そんな「不動産屋よりも詳しい投資家仲間(大家仲間)」の間でよく耳にするのが「値上がりはオリンピックまで持たない、売却するなら今!チャンスは一瞬」という話です。

 

(急がないといけない理由についてです、参考にどうぞ)

→ 中国人の爆買いが終わるとマンション売却に影響が出ます

→ マンション内で事故が起これば売れなくなる

→ 販売額の平均が24年ぶりに6千万円を超えたけど

 

(売却について参考にどうぞ)

→ マンション売却にかかる期間はどのくらい?

→ マンション売却は営業マンで決まる

→ 売却にかかる税金のはなし

→ 二重ローンに通りやすい方法(新旧のマンションでダブルでローンを使う場合)

 

もたもたしていると売り出し中に値下がりすることも

ニュースなどでは「アベノミクス」だ「爆買い」だのと最近では騒がれていますが、そんなものが永遠に続くわけはありません。

 

景気が良い時はほんのわずかな時間しかなくその後は景気が上がった分だけきっちり下がるのが世の常です。

実際に、100年以上も前から景気は常に上がり下がりを交互に繰り返しています。

 

売却についてゆっくり検討することも大切ですが、もたもたしていると確実に「値崩れ」がやってきます。

ニュースで「中国バブルの崩壊」「原油高騰」「ダウ大幅続落」など、なにか1つのきっかけで数日もあればズドンと下がります。

 

今のマンションバブルの要因は投資用に購入している人が作り上げたバブルなので、その人達のローン破綻や投げ売りが始まれば値上がりしたマンションなどはひとたまりもありません。

 

サブプライム・ショックの頃に体験した知人の話では

「1ヶ月早く売っておけば1500万円が2200万円で売れてた」

「半値にしても買い手が付かなくて生きた心地がしなかった」

「賃貸に出しても借り手がつかなくて空き家を買ったようなものだった」

などなど、悲惨な体験談はいくらでもあります。

 

いずれは売却しようと思っていたマンションなら、なおさら値上がりをしている間にすぐ売却した方が得策です。

株は自分が売ろうと思えばいつでも売れますが、マンションの場合には買い手がいなければ一生売れません。

 

売れない間も、管理費や修繕積み立て金を払うのはホントにバカバカしいですよね。

マンションの売却には意外と日数がかかる

マンションの売却をする際に買い手は「ローン」を利用する事が多いですが、このローン審査にはは短くても2週間ほど時間を取られてしまいます。

 

しかも、多くの人は利息が少ない金融機関や頭金が少なくて済むところから優先して審査を受けるため、一回の審査で無事に終わるとは限らないんです。

 

また、仕事が忙しい買い手の場合にはローンの申し込みにすぐに動けるかどうかも分かりません。

あなたが急いで売りたいと思っていても、買い手は「慎重」に動きたいものなので、売却依頼をしてから10日やそこらで売却ができてしまうような簡単なものじゃありません。

 

また、せっかく価格交渉も成立して後は売却契約の日取りだけ・・・となっても、購入に反対をする身内が登場して意見が変わりキャンセルされることもあります。(わりとよくあります)

でも大丈夫です!

すぐに売りたい場合には買取業者に売却すればいいんです。

 

→ 見積りサービスを試せば高値ですぐに売れる買取業者が見つかります!

(見積り結果はメールで届くのでやりとりが苦手な人でも安心ですよ。)

ちなみに、売却することが正式に決まったとしても、買い手と売り手、不動産屋、司法書士などの全員の日程が合わないと話が進みません。

 

また、大安などの日取りを選んで購入手続きの日程を決める事も多く、その場合にはさらに契約締結日が先送りになります。

売却をするあなたにとってそういったどうでもよいコダワリも「買取業者」なら心配がいりません。

 

買い手がローンに通らなかったら次を探さないといけない

近頃は住宅ローンに通らない人も多いそうで、その原因はスマホや携帯の支払いで滞納履歴が残っている場合が多いです。

 

例えば学生の頃に携帯やスマホの料金を引き落とし出来なかった事が考えられます。

特に、スマホや携帯の本体を割賦契約で購入している場合にはその滞納履歴はローン会社にしっかりと保存されてしまいます。

 

これは住宅ローンの審査や車のローン、キャッシングの申し込み審査などに大きく影響をするんです。

今までの経験上、ローン審査に落ちた人はまず他の銀行でも通りません。

 

早急に次の購入見込みのお客さんを探してもらう必要があります。

この時、近所の不動産屋など1社だけにしか声をかけてなければ次の購入者がみつかるまでに数ヶ月かかるかもしれないし、下手すると1年先になるかもしれません。

 

そんなリスクも、見積りサービスを事前に利用しておけばすぐに次の見込み業者にも声をかけられるので、早ければ翌週には売買契約を交わせるようになるかもしれませんよ。

関連記事

no image

相続予定の親のマンションの売値を知りたい

(人気記事)【家族の名義の不動産でも査定できます】マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方

記事を読む

no image

マンション売却 不動産屋の選び方

マンション売却で不動産屋の選び方を間違えると人生で取り返しがつかないくらいの大金を大損します!

記事を読む

マンション売却時には壁紙が汚れているだけで大損しやすい

(注目記事) マンション売却のコツはたったこれだけ【高く売れれば汚れた壁紙も業者に頼んでラクができま

記事を読む

no image

内覧の際にはマンションの自分の駐車場を使ってもらうべき

マンションを売る場合、不動産屋に依頼すればいずれは購入を検討している人が内覧にやってくるようになりま

記事を読む

no image

日当たりの悪いマンションを少しでも高く売却する方法

(注目記事) 日当たりの悪いマンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法  

記事を読む

no image

中古マンション売りたいと思ったら最初にするべきこと

中古マンション売りたいと思ったら最初にするべきことは決まってます。 それは、以下の(注目記事)

記事を読む

no image

中古の二世帯マンション売却は依頼する業者で売値が大きく違ってくる

(人気記事)→ マンション売却のコツはたったこれだけ  (人気記事)→ マンションを高値で売

記事を読む

no image

マンション売却をする際は値引きに注意

(注目記事) マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (注目記事) 値引きを吹き

記事を読む

no image

マンション売却は無理してでも空室状態にした方が売れやすい

(注目記事) マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (注目記事) 部屋を見せず

記事を読む

no image

マンションを賃貸するか売却するか迷ったら

(人気記事)【正しい売値を知ってから売るか貸すか決めるのが堅実です】マンションを高値で売却できる業者

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑