*

二重ローン・つなぎ融資とは?


(人気記事)→ マンション売却のコツはたったこれだけ

(人気記事)→ マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法

 

「二重ローン」と「つなぎ融資」は同じ意味になります。ローンが残っている人が住宅を買い替えする際に使う融資の名称なんです。

マンションの買い替え(戸建てもOK)時に、”売る家のローン残”と”新居のローン”を両方都合をつけてくれるもので今時はどこの金融機関でも広く扱っています。

二重ローン(つなぎ融資)についてもう少し詳しく!

例えば、今住んでいるマンションを売却しようとした際にまだローンが残っているとします。

その場合、そのローンとこれから新しく購入しようとしてるマンションのローンと2つを一時的に抱える事になりますよね。

 

両方を問題なく組めて支払いにも困らない人なら何も問題はありませんが、大抵の場合には古い方のローン残高が新規ローンに影響を及ぼして利用限度額を下げてしまうんです。

 

「一人が利用できる融資額」というのはその人の年収などをもとに算出されているため複数のローンを組んだとしてもトータルで利用できる金額は決まっているんです。

 

仮にこれから売却しようとしているマンションにローンが1000万円残っているとします。

その方のローン限度額が3000万円だとした場合、次に新しくローンを利用しようとしても本来の限度額の3000万円より1000万円少ない2000万円しか借り入れができないんです。

 

それでは困りますよね・・・そこで対処方法を紹介させていただきました。

(例)融資限度が3000万円の人が二重ローン(つなぎ融資)を使う場合

(参考例)

  • ローン限度額が3000万円と認められた人
  • 新しく買うマンションは価格3000万円

何もローンがない人であれば全額借り入れで対処できます。

(※説明のために頭金については含めてません)

 

ところが、現在のローン残高が1000万円あるとしたら利用限度額は2000万円に下がり、次の購入予定の3000万円に対しては1000万円分がローンで補えません。

 

つまり、売却予定のマンションが今すぐ売れる見込みがなかったり返済に使える預貯金もなければ次の物件を購入することはできません。

 

ここで二重ローン(つなぎ融資)の登場です!

売却予定のマンションに残っている1000万円のローンと次に購入するマンションのローンを2つまとめて面倒を見てもらいましょう

二重ローン(つなぎ融資)を利用するのにオススメはどこ?

イオン銀行やフラット35、ろうきんや新生銀行、その他有名どころのネット銀行などオススメできるのはやはり一流どころになってきます。(資本力が大きいから)

ただし、これらの金融機関に自分で直接声をかけるのはオススメしません。

 

なぜなら、これら大手銀行の担当者を動かすには大手不動産業者の営業マンから声をかけてもらうのが最も効果的だからです。

→ その理由についてはこちらの記事でも紹介しています

 

※ちなみにローン会社や銀行の借り入れなどは全て裏でつつぬけなので仮にウソをついてもバレるので絶対に本当の事を言うように心がけてください。

ウソをついて現在の借り入れ額を過小申告する人も多いですが、それがバレるのは確実ですし、バレたらローン審査なんて通る人でも通らなくなる恐れがありますよ。

(人気記事)→ マンション売却のコツはたったこれだけ

(人気記事)→ マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法

関連記事

no image

マンション売却時の不動産屋へのキックバックとは?

(注目記事) マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (注目記事) マンション売

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑