*

マンション売却時に冷暖房器具や照明器具やカーテンは残してもOK?


(人気記事)→ マンション売却のコツはたったこれだけ 

(人気記事)→ マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法

 

マンションを売却する時に冷暖房器具や照明器具やカーテンなどそのまま残すのはオススメしません。

 

ただし、誰が見ても綺麗な物や新しい冷暖房器具なら大丈夫です。

その場合に注意してほしいのは判断はあなたがしてはいけないという点です。

 

売り主が見ればどうしても多少は甘い目で見てしまいますし、そこで生活をしていた場合にはなおさら目が慣れているために汚れや匂い、それに冷暖房などの型落ち感に気づけない事もあります。

参考にどうぞ→ 古いエアコンは残さないで

 

他人が使った物を嫌がる人はとても多いです

中古マンションを探している人の多くは若い年齢層の人達です。

(30歳代から40歳代が多いです)

 

もしこれをお読みいただいているあなた自身が40歳代かそれよりも若い年齢であれば心当たりがあるかもしれませんが、今時の若い人達は新しい製品をなんでもドンドン購入していませんか?

特に今時は新機種のiPhoneなどスマホがモデルチェンジするたびに買い替えをして、「まだ使えるから」なんて事を言う人はまずいないと思います。

 

車にしても普通車が売れずに軽自動車が売れていますがそれもやはり新品で中古車を買う若い人達はあまりいません。

昔は流行った「古着」なんていうのもよほどファッションが好きな人でないと誰でもは買いませんよね。

 

つまり、誰が触ったか分からない物はできるだけ避けたいんです。

マンションの購入だけは流石に中古を購入しないと変わりがないので別扱いをされているだけの話なんです。

 

なので、見た目が明らかに古臭い冷暖房はそこから出てくる風が前の住人の生活臭が出てきそうで嫌われますし、そもそも今時のエアコンなら脱臭機能がついていたり、プラズマクラスターや自動洗浄機能がついていたりするので、そういったものに古いものは大きく見劣りをします。

 

また、数百万円や数千万円を出して中古マンションを買おうとする人なら、エアコンの2台や3台は最初にまとめて新品を付けたくなるものです。

その際に、古いものがあれば邪魔なだけですし取り付け業者によっては処分料金を取られることもあります。

 

もし、あなたが本気で早く高くマンションを売却しようとされているなら、古い冷暖房は外してしまいリビングだけでもいいので新品のエアコンを付けてあげるのが得策です。

 

私は今まで数々の中古マンションの購入や売却を不動産屋に依頼してきましたが、そこで分ったのは「新品のエアコン完備」というフレーズはかなり魅力を与えます。

もちろん、この場合には新品がウリなので動作確認をした後は使わないでください。

そうすることでエアコンに「新品・未使用です」と張り紙(ポップ)をつけることで内覧時にアピールができます。

天井の照明器具を残すなら無難なシーリングライトが良い

これが今時の無難なシーリングライトの例です。

(画像)

 

更に欲を言えばLEDタイプの物が新築の分譲マンションでも使われているので好印象を与えます。

(年配の方やエコ派な人に喜ばれ、そうした小さな好印象が意外と売却に繋がったりするんです)

 

今使っている物が上記のようなものなら、後はカバーが割れていたり白い色のパーツが黄ばんで目立っているような事さえなければ新品交換しなくても大丈夫です。

古臭い傘タイプの天井照明はウケが悪い

築年数も比較的浅めのマンションで、オシャレな和室にオシャレな傘タイプのものがついているならきっと内覧者のウケも良いはずです。

 

ただし、築年数が10年を超えていて20年や30年近い物件の場合にはできるなら、先ほどのような丸いシーリングライトに交換した方が売れやすくなります。

 

照明からぶら下がっている紐は新品交換すべき!

本体からヒモがぶら下がっている場合には、最近交換した新しい紐でない限りは新品に交換するべきです。

ホームセンターで交換専用の紐が安く売られているので自分で交換してみてください。

(紐の画像)

私がマンション売却時にいつも買うのはこういった1本で300円程度の品です。

交換方法は古い紐を切った後に新しいものをくくりつけるだけなので特別な工具なども不要です。

(ハサミよりもカッターの方が古い結び目を切りやすいですよ。)

 

間違っても使い込んで汚れた紐を残したままで内覧を受けないように気をつけてくださいね。

不動産屋さんもそんな物件は嫌がるので下手すると次第に内覧者さえも連れてきてくれなくなるかもしれませんよ。

 

古いカーテンほど迷惑なものはありません

もし今ついているカーテンが新品ならそのままでもOKです。

でも、使い古したものだといくら見た目が綺麗でも外しておくのが無難です。

 

自分では気がつかない生活臭が染みこんでいますし、もし次にマンションを購入してくれるのがファミリー世帯なら間違いなくカーテンはそこの奥さんが自分好みに新調したいはずです。

今時はニトリやイケアやネットの通販などでオシャレなカーテンや家具が何でも手軽に安く買えるようになっているので中古マンション購入者の多くもカーテンや家具などのイメージを統一してそろえたいはずです。

 

カーテンも昔のように「使えるからありがたい」なんて思ってくれる人はまずいませんよ。

(人気記事)→ マンション売却のコツはたったこれだけ 

(人気記事)→ マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法

関連記事

no image

マンション売却には何社に声をかければいい?

(人気記事)【ネットの査定なら複数社の見積が一発で集まります】マンションを高値で売却できる業者と査定

記事を読む

すぐに売れるマンションと売れないマンションの違いは?

(注目記事) マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (注目記事) マンション売

記事を読む

no image

マンションを近所に内緒で売却したい

今住んでるマンションを売却成立まで近所の人に内緒にしたままで売りたい時には欠かせない売却方法がありま

記事を読む

no image

中古マンションの売却時期

(人気記事)【売却時期に左右されないために】マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法

記事を読む

マンション売却時にかかる仲介手数料

(注目記事) 【高く売れやすいから売却手数料の心配も減りますよ】マンション売却のコツはたったこれだけ

記事を読む

no image

マンションをスムーズに売却するには古いエアコンは残さないで!

マンションを売却する際に、得策だと思って電化製品や家具を物件につけたままで売却する人が多いそうですが

記事を読む

no image

ワーキングプアから脱出するためマンション売却をしてローンを無くす

(人気記事)【高く売れやすいからお金に余裕が持てやすい】マンションを高値で売却できる業者と査定額が分

記事を読む

no image

1年以上住んでないマンションを売る時の注意点

(人気記事)→ マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (人気記事)→ マンショ

記事を読む

no image

いつまでも売れないマンションは当て馬やつぶし物件にされているかも

いつまでも売れないマンションは当て馬やつぶし物件と呼ばれる用途に利用されているかもしれません。この当

記事を読む

あなたの中古マンションは施工不良の調査で売れなくなるかも

(人気記事)【施工不良の損失を受けるまえにまずは売値把握から】マンションを高値で売却できる業者と査定

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑