*

マンション売却注意点


(注目記事) マンション売却のコツ(注意点)はたったこれだけ

 

マンションを売却する時の注意点はいくつかありますが、これだけ抑えておけばほぼOKというものがあります。

まずは正しい売値の把握とどこに頼めば高く売却してもらえるか?です。

 ここの査定サービスで高値売却してくれる業者と金額が分かります

 

これは「一括査定サービス」と呼ばれるもので、ここに登録されている業者は事前に査定サービス会社が厳しくチェックをして厳選されたところだけを見積り対象業者としているので安心です。

 

しかも、あなたのマンションと価格帯や間取り、地域など相性が良さそうな業者をある程度絞り込んでくれた後に、複数社分の見積りを無料で知れるものなんです。

なので少しの無駄もなく、最高値で早く売却できる相手をみつけることができるんです。

 

次に「業者選び」です!

 

どんなに良いマンションでも、売却依頼をした業者の腕が悪かったり、悪徳業者にひっかかってしまえば数百万円もの大損なんてザラにある話です。

なかでも最も残念なのが、業者に悪意は無いのに大損されられてしまうケースです。

 

代表的な例を以下に並べてみました。

本当の売値を把握できていないケース

まだまだ3000万円程度では売れる中古マンションなのに、見込み違いをして大きく外れた2500万円だったり3500万円という売値をつけられることがあります。

 

当然、相場よりはるかに高くなれば営業マンに相当な腕の良さ良い顧客を抱えていない限りは売却は不可能です。

反対に安すぎる場合には、一瞬で売却成立してしまうか、もしくは「事故物件じゃない?」と勘違いをされてなかなか売れなくなるかのどちらかになります。

 

ちなみに、業者がてっとり早く儲けたい時などは、わざと安売りしてしまうこともあるんです。

見込み客を持っていないケース

あなたのマンションを買ってくれそうなお客さんを自社のリストに抱えていない場合には、そう簡単には売れません。

 

例えば、1Kや1DKなどの単身者向けのマンションを売却するのが得意な業者は、ファミリー層のお客さんを抱えていない事もあります。

また、わりと高額な物件しか扱っていないところも、3000万以下のマンションを買ってくれそうな顧客リストを持っていないことが多いので、これもまた売りづらくなります。

物件との相性が悪いケース

比較的に低層な10階建て程度のマンションばかり扱っている業者と、30~50階ほどあるタワーマンションを扱っている業者ではマンションの構造などについて求められる知識などまるで違ってきます。

 

低層階のマンションであれば「耐震・制震・免震」といった地震対策の構造についてもさほど知識が求められません。

そもそも、10階建のマンションには初めからそういった構造を「購入基準」にする人が少ないからです。

 

ところが、タワーマンションまでいかなくても比較的高層な物件となれば、そういった地震対策の構造についても知識が豊富な業者でないと今どきは販売をするのがスムーズにはいきません。

 

また、バリアフリー物件を扱うのが得意な業者かそうでないか?といったように、間取りや価格以外にもマンションと売却依頼する不動産屋との相性は高く売るためにも早く売るためにも大切なんです。

まだまだ経験不足な新人が担当するケース

これは問題外なケースですが、実は不動産業界は離職率が高いために常に人が入れ替わっている傾向があります。

 

もちろん、業者によっては定年まで誰も辞めないところもありますが私が知る限りではそれは希です。

厳しいノルマに耐えられずに次々と辞める人が多い業界なのでハローワークに年中募集を出しているところなども多いんです。

 

一見しただけではベテランに見える30代や40代の新人が沢山いるため、売却依頼をしてしばらく経つまでは一般の方が見抜くことは難しいんです。

 

今まで車を売っていた人やIT系の企業で働いていた人などが「成果報酬」を夢見て不動産屋へ転職してくることも多いので、年齢だけでは新人かどうか判断が難しいところです。

でも、中古マンションの売却ほど難しい営業はないので新人さんがすぐに売れるなんて事はまずありえません。

レインズに登録されるからどこに頼んでも同じと思ってませんか?

「レインズに登録するから関係ないんじゃない?※」と思われるかもしれませんが、売却依頼した後に本当にレインズに登録しているかどうかを確かめるのはなかなか言い出しづらいものです。(※ → レインズについて)

「御社を信頼をしてません!」と言っているようなものですからね・・・

 

それに、自社で売る自信がある業者ほど、他社に情報を漏らさないようにする傾向があるので(※)、売却依頼をした業者が必ずあちこちにあなたのマンションの情報を広げてくれているとは限りません。

 

※不動産屋があなたからもらえる売却手数料は、自社だけの力で売れば満額その業者の儲けになります。ただし、他社から買い手を紹介してもらって売却できた場合には、手数料はその業者と折半をするので情報拡散を好まないところも多いんです。

ローン途中で売却をしたい場合には

もしローン返済の途中で売却をするなら知っておかないといけない事があります。

それを別ページでまとめてみました。→ ローン途中で売却するには

 

関連記事

マンション売却時にかかる仲介手数料

(注目記事) 【高く売れやすいから売却手数料の心配も減りますよ】マンション売却のコツはたったこれだけ

記事を読む

no image

マンション売却に慣れてる私が仲介手数料0円の業者を使わない理由

(注目記事) マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (注目記事) マンション売

記事を読む

no image

1年以上住んでないマンションを売る時の注意点

(人気記事)→ マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (人気記事)→ マンショ

記事を読む

no image

水曜日にマンション査定をしてくれる不動産屋

(注目記事) 何曜日でもマンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (注目記事) 水

記事を読む

no image

「あなたのマンションを売って欲しい人がいます」というチラシは怪しい

「あなたのマンションを売って欲しい人がいます」というチラシはまず怪しいと判断して間違いないと思います

記事を読む

no image

マンション売却には何社に声をかければいい?

(人気記事)【ネットの査定なら複数社の見積が一発で集まります】マンションを高値で売却できる業者と査定

記事を読む

すぐに売れるマンションと売れないマンションの違いは?

(注目記事) マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (注目記事) マンション売

記事を読む

no image

マンション売却時の値段の付け方

(人気記事)【あなたのマンションに合った業者がみつかります】マンションを高値で売却できる業者と査定額

記事を読む

no image

不動産屋にマンション売却を依頼する時に必要になるもの

(人気記事)マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (注目記事) マンション

記事を読む

no image

中古マンションは値引きなしで売却できる?

(人気記事)→ マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (人気記事)→ マンショ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑