*

ワーキングプアから脱出するためマンション売却をしてローンを無くす


(人気記事)【高く売れやすいからお金に余裕が持てやすい】マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法
(注目記事) マンション売却のコツはたったこれだけ

ワーキングプアの状態で悩んでいる方の多くはマンションのローンで苦しんでいる方も多いようです。

 

そんな場合には、思い切ってマンションを売却して賃貸に引越をすることで、老後の心配さえも解消できるほどお金を貯められる可能性があります。

 

私自身はファイナンシャルプランナーをしていることもあって、友達夫婦などから相談を受けることもあるんですが、実際に私の友達夫婦のケースとして、マンション売却をして賃貸に引越をしたおかげで貯金もしっかり作れて余裕のある生活をおくっているという話もあるんです。

 

もちろん、収入が特に増えたわけじゃないのでいかにマンションのローンや修繕積み立て金などが日々の負担になっていたかがよく分かります。

 

特に勿体無いのが修繕積み立て金で、負担があるばかりか、多少の積み立て金では将来の老朽化には対処ができないという問題が今日本中で深刻となっています。

 

分譲マンションにひそむ修繕費の落とし穴

実は、マンション分譲時には完売しやすいように積み立て金は比較的安く設定をされています。

当然そんな少ない金額を積み立てても、新築から約15年後あたりに行われる大規模な再塗装では早くも費用が足らずに不足分を集めることだってあるんです。

階段や駐車場などが劣化している場合には当然修繕費もかかるので積み立て金で足りないことなんてわりと当たり前の話です。

もちろん、その頃に複数の空室が発生していれば積み立て金も思ったほど貯まっていないですよね・・・

 

これは一戸建てを購入したケースとも似ています。

せっかく大金を費やして自分の資産を手にいれたにもかかわらず、修繕や税金のためにずっとお金を使い続ける必要があるという共通のデメリットなんです。

お金持が賃貸を好むのはリスク回避のため

実はお金の持ちの人ほど実は賃貸物件に住んでいるという傾向があります。

贅沢な豪邸に住んでいるお金持ちというのは、わりと昔のイメージが世間に残っているだけでなんです。

 

今時のお金持ちは、購入をしても年々価値が無くなり、しかもいつまでも修繕費や税金を払わないといけない不動産は賢い選択とは思っていないんです。

 

それに、もし自分が購入したマンションで飛び降りなどの事故でも起これば資産価値は一気に激減し、売りたくても売れなくなるという怖さも知っているからなんです。

 

自分が一生をかけてローンを払い続けないといけない買い物をして、他人のせいで価値が無くなるなんてことは馬鹿げていますよね。

でも、ニュースにならないだけでどこの街でもそういった事故は日々あちこちで起きています。

とくにうつ病などが多い今の世の中だとそのリスクは尋常な高さじゃありません。(うつ病の増加には食品に含まれる添加物などが影響しているという話もありますが、賛否あるのでその話はここではやめておきます。)

 

たとえ家族が事故を隠そうとしても、不動産屋などは警察やいろんな業者と関係を持っていて日頃から情報を集めているために、隠すことはできません。間違いなく大幅に値下げしないと売れなくなります。

 

良い賃貸物件に引越するなら働いている年齢のうちでないと・・・

同じ家賃なら少しでも良い間取りや場所にある賃貸物件に引越をしたいですよね!

そんな時にネックになるのが賃貸契約をする人の年齢です。

 

どこのマンションオーナーさんも現役で働いている年齢層は歓迎しますが、定年になった人や定年が近い人は嫌います。

それは、リスク回避のためです!

 

働いている人の方が年金生活よりも年収は多いので家賃滞納の心配も少ないですし、ついうっかり使い込んで滞納されても翌月にはまた給料が入ります。(もちろん勤務先もちゃんとしたところだとチェック済みで住んでもらってることが前提です)

 

これが年金となれば、現役世代ほどのお金が入らないので心配です。

それになによりも若いということは死亡リスクも少ないということです!

 

ご年配の方が住んでいる場合には死亡リスクが高いですが、若いひとならあまりそういった心配はいりません。

なので、できれば若い人ほど歓迎なんです。

 

空室だらけのマンションオーナーさんなら、どんな人でも歓迎するかもしれませんが、そういった物件はメンテナンスも満足にされていなかったり、入居している他の人たちの感じもやはりそれなりの傾向があります。

 

ほぼ同じ家賃で、人気のエリアにあり、オシャレでキレイな賃貸物件となれば、オーナーさんからしても入居者を厳しく選べるので年齢が高い人は断る可能性が高いです。

(どんな選び方をするかはオーナーさんの自由なんです)

 

ですから、もしもマンション売却をして賃貸物件に引越をされる場合には1歳でも年齢が若い方が絶対に有利になるんです。

関連記事

no image

マンションを売るのに梅雨は影響する?

(注目記事) 梅雨入りしても梅雨明けしてもマンション売却のコツはたったこれだけ  

記事を読む

no image

マンションを売却時の一般媒介契約と専属専任媒介契約と専任媒介契約の違い

(人気記事) 契約の違いを知らなんて知らなくても大丈夫。マンションを高値で売却できる業者と査定額が分

記事を読む

no image

リフォームの途中だけどマンションを売却したい

(注目記事) リフォーム途中でもマンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 &nbs

記事を読む

no image

不動産屋にマンション売却を依頼するには

(人気記事)【ネットの査定なら店に行く手間がかかりません】マンションを高値で売却できる業者と査定額が

記事を読む

no image

不動産屋の名刺やHPに書かれているカッコ内の数字は何?

(人気記事)→ マンション売却のコツはたったこれだけ  (人気記事)→ マンションを高値で売

記事を読む

no image

今住んでいるマンションを早く売却をしたい

(注目記事)→ 早く売るにはネットの査定サービス無くして実現は難しいんです、参考にどうぞ。 &

記事を読む

no image

「あなたのマンションを売って欲しい人がいます」というチラシは怪しい

「あなたのマンションを売って欲しい人がいます」というチラシはまず怪しいと判断して間違いないと思います

記事を読む

no image

マンション売却時に冷暖房器具や照明器具やカーテンは残してもOK?

(人気記事)→ マンション売却のコツはたったこれだけ  (人気記事)→ マンションを高値で売

記事を読む

no image

女性営業マンにマンション売却の相談をしたい

(人気記事)→ 私が利用してきた体験上で高値が出やすいサービスがありました   マンシ

記事を読む

no image

マンション売却時の二重ローンに通りやすい方法

(注目記事) マンションを高値で売却できる業者と査定額が分かる方法 (注目記事) マンション売

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑